オヤジの復活したロードレーサー!

fourtyroad.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 03日

チューブラータイヤパンク修理キット

昨日サイクルキューブで受け取ったブツです。(笑)

e0170958_22144038.jpg


現在はクリンチャータイヤ、
チューブレスタイヤ、が主流となっておりチューブラータイヤもパンクしたら使い捨てとのこと...

もったいないです。ボクはそんなアンチエコなことはしませんよ。(笑)
昔は、サイクルスポーツでチューブラータイヤのパンク修理とか特集組んで
掲載していたような記憶があります。(笑)

e0170958_22221711.jpg


キットの内容は、ゴムノリ、パッチ、布ヤスリ、ここまではクリンチャーと同じです。
糸、針、指ぬきがチューブラー独特のものとなります。(笑)

手順はというと、

1.空気を入れてパンクしている箇所を探し、目印をつけておく(チョークがあると便利)
2.パンク箇所の前後5cmくらいふんどしを剥がす
3.縫ってある糸を切ってチューブを取り出す
4.パンク箇所にパッチを張る(パナのイージーパッチなど薄い方がいいと思います)
5.タイヤの中にチューブを戻す
6.針と糸を使って縫合する(この際にはチューブに針が刺さらないように注意)
7.ふんどしをリムセメントで張り付ける

以上です。

裁縫が得意な人であれば全然難しくないし、裁縫が下手な人はうまくなれる
かもしれませんよ。って、よく言われていましたね。(笑)

慣れれば自転車のメンテ同様、パンク修理もまた楽しいものとなります。
個人的にはチューブラータイヤはもっと見直されてもいいような気がします。
勝負タイヤとなるとしなやかで乗り心地もよいですしね。

ただ、リムセメントを薄く塗ると剥がれて事故になる可能性があるので
これだけは注意です。(爆)


#オヤジ朝練、ほぼ毎週やっております!お気軽に参加してくださね~♪
 途中参加、離脱オッケー!(^^)v

e0170958_2251379.gif



※コメントはお気軽にどうぞ♪お待ちしております!(^^)

■もっとチューブラータイヤで乗ってほしいです!と思う方は、↓”ポチッ”とお願いします!(笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

e0170958_20431453.jpg
[PR]

by sakitty_sakitty | 2010-06-03 22:37 | パーツ


<< 34T→36T チェーンリング交換!      ポンプ DIXNA Flute >>